PICを使って、LCメーターを製作

LC メーター

ネタがない。ということでネットを見ていたら、LCメーターがありました。
自分でもこれは欲しいと思っていたので製作しました。

参考にしたHP。大変感謝いたします。

電子工作室 – LCメータ
nobchaの電子回路日記へようこそ – PIC16F648AでLCメータ試作(内蔵コンパレータ使用)@2015,2012

原理や回路図や数式が書いてあります。数式を見ていたら頭が痛くなりましたが。

開発環境
・MPLAB X IDE v3.50
・MPLAB Code Configurator v3
・XC16 v1.30
・PICKIT 3
水魚堂 ONLINE回路図エディタBSch3V
TINA-TI (SPICE)

部品は全部秋月です。ケースはダイソー。

とりあえず、完成品。
15p とか、0.1uとかびしっと出るのですが、これはずれてるのかよくわかりません。

回路図

クリスタルを付けましたが、不要な気がします。内部クロックで。

RB4はプログラムのほうで、プルアップしておきます。

リレーにはダイオードを付けます。Lだからですがお約束です。ですがFETを使っています。FETは逆方向にダイオードが付いているのでこれでいいのか?トランジスタじゃないとよくない気がしますが、111mA流すので苦し紛れにFETにしました。

オシロスコープで波形を取ったのですが、NewFileじゃなく保存していて、全部上書きされていました。。。

さて、回路図にはPhotoMOSリレーが書いてあります。手持ちに有ったので使ってみましたが、全然だめです。測定値が大きくくるいます。
あきらめてリレーにしました。リレーも手持ちを使ったのですが、これはパワーリレーで結構大きいので、小さなリレーでOKです。

電源はUSBです。電圧が結構アバウトなので、5V PICとアナログ回路の組み合わせでは使えません。
PIC24を使いました。不良在庫だからです。プログラムの方に書きますが、他のPICでも余裕で変更可能です。

仮組

発振回路にはPICのコンパレータを使っています。参考にしたHPと同じです。
この機能、プラスのDCだし何に使えばいいのかわかりませんでしたが、こういう使い方があるんですね。

最初はPIC32を使いました。これも結構不良在庫があるので。
で、全然発振しません。最初からつまずきました。
回路が悪いのかプログラムが悪いのか、オシロスコープで見た感じ、コンパレータ出力のオーバーシュート、アンダーシュートまでも拾って動いているようです。回路に色々細工してみてもだめです。

次に、PIC18にしてみました。動きました。。。。
このPICは数が少ないので、PIC24にしてみました。動きました。。。

MPLAB Code Configurator v3 を使っているので、プログラム自体は15分くらいで完成します。PICの種類を変えても、さくっとプログラムは出来てしまいます。

プログラムも公開します。ほとんど電子工作室さんのものと一緒です。
そもそも、殆ど私の技術ではありませんので。

最近、MPLAB Code Configurator v3がPIC32に対応したので、最初にPIC32でやったという理由もあるのですが、使うと恐ろしく簡単です。

全然全く関係ありませんが、これを書いているときにLANのHUBが壊れました。ありえるの?壊れるものなの?金ないちゅーねん。
なにか追記していたのですが、消えてなくなりました。何を追記していたのかも忘れました。。。

LC メーター


PAGE TOP
Top