X68k用 USBマウス変換器 Ver.2

2016年10月8日

X68kでUSBマウスを使うハードウェア Ver.2 をつくりました。

以前作ったものは、キーボード変換器をセットで作らなければなりませんでしたが、今回は単体でおkです。

回路も簡略化しました。ので、ついでにキーボード変換器も作り直しました。

ファームウェアはDownloadに置いておきます。


Version 2.01
・本体とつながっていないとき、フリーズするのを修正した。
・マウスの速度を3割遅くした。

Version 2.00
・初回リリース
・Version 1 系の回路から水晶発振子を削除した。


前回のマウス変換器はコネクタの真ん中にPinがあったため断念したのですが、実はNCだったので昔のPS/2キーボードのコネクタが使えるのでした。

キーボード変換器と共にPS/2ケーブルで作れます。コネクタ自体は延長ケーブルを持っていたので切って使いましたが、PS/2キーボードのケーブル切って使っていいです。切替機でも使っているので、中古ショップなどのジャンク品コーナーを探してみるといいでしょう。

マウスコネクタは2番ピンがありません。有ると刺さりませんので、折って取り払ってください。

・回路図

緑で囲っているのは、つける必要がないものですが、LEDくらいは付けたほうがいいでしょう。作ったときに動いているのかわかりません。

3.3Vを作るレギュレータもキーボード変換器とセットで作るのであれば1つでいいです。

マニュアル通りに作ると水晶発振子は必要なのですが、裏技を使って廃止しました。かなり簡略化されました。

部品はすべて秋月です。

62b03e89815c457cf62be350fbbedbfd

・完成形cimg1185

・左がキーボード変換器、右がマウス変換器
注意点は、本体に繋ぐコネクタの刺し間違えです。cimg1183

X68に繋げるコネクタの配線が間違えています。注意を!

cimg1180

・前回作ったものと、Ver2の配線。Debug用のコネクタを付けていないのでスッキリです。cimg1176

・プログラム自体は使っているPinの移動と、クロックの修正だけなので、速攻動きました。

・開発環境
MPLAB X IDE v3.40
C32 v2.02
PICKIT3

あ、そういえばPC98用のマウス変換器を作って問題になったのですが、動かないマウスが結構あるかもしれません。「USBマウス -> PC98 変換器 完成」にいろいろ書いてあります。「USB Mouse to X68k 変換機」にも書いてありました。
多分、数年前にはよく見かけたUSBマウスで、PS/2変換コネクタが付いているものは必ず動く気がします。今も売ってるかな?

キーボード変換器で問題になったUSB刺しなおし。問題なく動いています。(謎

関係ないですが、マウスの動作確認用にゲームでテストしたのですが、フロッピーが内部で引っかかって抜けなくなりました。。。
流石はレトロ。分解しないといけません(´・ω・`)