Raspberry Pi 2 のI2Cを使ってみる

Raspberry Pi 2

まずは、Raspberry Pi の I2Cを有効にする。


 

Raspbianの設定。

以下を参考

Raspberry Pi の I2C を有効化する方法 (2015年版)

 

要するに、OSやらなんやらを全部最新にして再起動。

 

で、I2Cを有効にする。


40Pin のピンアサインを調べる。

GETTING STARTED WITH PHYSICAL COMPUTING ON THE RASPBERRY PI

Raspberry Pi 2のGPIOピン配置(□が部品面になっています。半田面が四角なので注意)

1Pinの場所ははんだ面で、□になっています。他は○なので、□から千鳥に1,2,3,4,,,

・I2Cを使ったアプリケーション(実例

1・Raspberry piとPICがつながった [Raspberry Pi]

以下は秋月無しでは語れません。

2・秋月I2C LCDをRaspberry Piで

3・I2C接続可能なLCD/ACM1602の使いこなし

4・Raspberry Pi でI2C: 温度センサーを使う

5・Raspberry Pi で LCD モジュールを使う

・自分でも試してみました。

とりあえず、Raspberry Piには I2cdetect i2cset i2cget のコマンドがあります。実例4を見ると大体わかると思います。

とりあえず動かすにしても、I2Cの仕様がわからないと話になりません。

I2C バス仕様およびユーザーマニュアル

秋月で売っている I2C のモジュールは動くものと動かないものがあります。(特定のコマンドを送って使うものとか。レジスタの読み書きしかできないので。)

1.I2Cで秋月の温度センサー&大気圧センサーを使ってみる(AE-LPS331)。

2.PICで I2C デバイスを作ってみる。

3.PICで使ってみた秋月で売っている、温湿度センサー(AE-HDC1000)、大気圧(温度)センサー(AE-LPS25H)。これも使えると思います。以下の設定が必要です。
Raspberry Pi で I2C の Repeated Start Condition を有効化

P1 V1.02

緑で囲っているのは、ラズPiで動かない物。

Raspberry Pi 2


PAGE TOP
Top