debian 7 wheezy USB自動マウント個別無効

2016年9月20日

USB 接続の HDD を再起動すると fstab に明示していなくても勝手にボリュームラベルでマウントされてしまう。
色々調べたところ、auto mounut を無効にするか、GNOME の右上にある「システム設定」->「ハードウェア」->「リムーバブル・ドライブとメディアの設定」で個別に設定できると書いてある。
古い記事だったりいろいろなので、何処かにあるのかと調べたが無い。そのとき丁度スクリーンショットがありました。マウスとかディスプレイだとかの項目に存在していた。
なぜか私がインストールした PC には入っていないと。debian 7 wheezy では存在しないのかもしれない。
USBメモリとかは自動マウントしてほしいので困った。パスワードとかを入れておいて使う時だけ刺すみたいな。
対策は以下。
1.普通は上記の画面で個別に設定できる。らしい。
2.fstab に noauto とか、書かないとかしても、autofs でマウントするのでこれを止める。
3.fstab に存在しないディレクトリへのマウントを書いておく。-> エラーにする。
1か所だけ同じく困った人の HP がありまして、やってみたところ自動マウントしません。
他のディストリビューションも合わせて、GNOME のなにか仕組みが変わったらしく、何箇所かの HP で文句を書いている所を見かけました。


こっからは余談と言うか、なぜ起動時に auto mount してほしくないかということ。同容量の HDD 2台を付けて片方は hdparam -y /dev/sdc などと通常は mount もせず回転もせず、1台目のバックアップ用で付けているのです。
ミラーリングにしないのは、間違えてファイルを消したとか良くやるので、復旧用です。自信のあるときだけコマンド実行。
5W位電気使います(´Д`) まあ、寿命とかね。
使わないものは動かなくて良しと。CardBus 用の eSATA 口を持っているのですがカード自体認識せず。刺しても dmesg になにも増えない。物理的に壊れている? modprobe で何とかなる? みたいな。サーバー変えたので大急ぎで復旧中でありんす。
バックアップのコマンドは以下、自分の記録ともいう。


# バックアップ用マウント。すでに回転している気がするので、rc.local とかに書いておかないとけないかもしれない。
mount -t ntfs /dev/sdc1 /media/USB1
# 完全同期
rsync -a -v -t –delete –progress –stats -h –inplace –exclude=’$RECYCLE.BIN’ –exclude=’System Volume Information’ /media/ntfs1/ /media/USB1/
# キャッシュ flush – リムーバブルなので、write cashe されていないかもしれないが。
hdparam -F /dev/sdc
umount /media/USB1
# すぐには回転を止められない。
sleep5
# HDD 回転禁止
hdparam -y /dev/sdc


なーんて、こんな感じ。
参考
ドライブの自動マウントを無効にするには
ハードディスクの電源管理
省電力管理でHDD停止

設定

Posted by saba