USB Keybord to X680x0 その1

2016年9月20日

PIC をいじっていて脱線気味なので、さらりと出来るだろう的な方法をまとめ。
ソフトはこっち。
X68k のキーボードは使わず、キーボード切り替え機で使う USB キーボードを使いたいと言う話。切り替えでなくてもいいのだけどね。
まずはここを参照して、キーボードのシリアルプロトコルを理解する。プログラムは別ページに C で書かれたものがあるので参考に。
X68000のキーボードをPS/2ポートにつないでみる
下図の PIC はこれではなく、PIC32MX220F03B を使う。USB Hostを使うため。
要は X680x0 のキーボード端子がどういう機能に配置されているか。シリアルプロトコルはどうか。
X68030 Clock UP P1 V100
X68000のキーボードをPS/2ポートにつないでみる(C言語編)
PIC32 のサンプルプログラムは「Microchip\microchip_solutions_v2013-06-15\USB\Host – HID – Keyboard」だと思う。
全然見てませんが、CDCと同じじゃないかと。USB キーボードからキーの HEX を受け取るだけかと。あとは X68k にシリアルでキー変換でもかけて送る。
256個の配列に X68k のキーコードを並べればいいかな。大変面倒だが。
問題は、USB Host にすると結構 Flash がきついので、もしかしたら Flash の多いバージョンの PIC を別に用意して、リリースで -O1 最適化1を指定して 03B を使うことになるかも。
もしくは、デバックしないで、一発勝負にでる。
一応 紹介している HP に C で書かれたものがあるので、直ぐに出来るかと思われる。
X680x0 のコネクタだが、純正のキーボードケーブルをちょん切るのは躊躇するので、下基板から7本配線で出すといいかもしれない。
私の場合だと、大好きな「RJ-45」LAN コネクタ。8PIN でケーブルは 3mで 100円。


PS2 キーボードのコネクタ端子中心にある長方形の出っ張りを取ると、X680x0 に刺すことが出来た。不要な古いキーボードか、私の場合延長ケーブルが有ったのでそれで。
図のように6番pin無いコネクタだが、X68k でも NC の様なので問題な下げ。
問題はないが切り落としたケーブルのどれがどこの端子なのか不明。下基板を取ってテスターで当たるしかないか。


同じく、Microchipからマウスのもあるので、マウスも USB にしてしまってもいいかもしれない。
Nereid 有る人は、マウスだけは USB あるんだけどね。
回路図はそのうち、さらりと書きます。
さらりと書いた。問題は Flash に入るかどうか。
あ~、これはまずいかも。TTL の様な気がするので、LED おかしくならないだろうか。深く考えない。
吸い込まなきゃいいのだから、いいのか。流石に TTL 世代ではないのでちょっと脳味噌にパッチ付けないとわからんちゃ。
PIC 側は 3.3V の 5V トレラントなので問題ないかなぁ
X680x0 USB to X68 Keybord