PICKIT

2016年9月21日

つい最近アクセス解析機能使ってみているのですが、参照しているのが「PICKIT2 Clone」が多いですねぇ。
最近出ている PIC には対応していないものが多いので、PICKIT3 買うしかないですかね。回路図は公開されているみたいですが、PIC24 だったような。面実装です。
作る前に PICKIT2 のアプリをインストールしてみてはどうでしょう。
何処かに対応表があればいいのですが、インストールしたフォルダに対応表が入っています。
多分、5V動作の PIC だけ対応なんじゃないでしょうか。よくわかりませんが。対応していても 5V で使うとか?
私の回路図は別の Clone 作った人の回路図をはしょったものなのでそっちの電圧対応は分かりません、FET 使っていたものをトランジスタにしたとか。バスパワー供給省いたとか。
完全 5V 動作用なので私のは 3.3V の物に繋いではいけません。
秋月定番の PIC32MX220F032B は、未対応です。
とりあえず作って我慢できなければとか? その前に RCD ライタ作って、PICKIT2 の PICに 書き込むわけです。
RCD ライタはシリアルポートを使うので、そこで1つ目の山が。
シリアルポート → RCDライタ → PIC18F2550 → PICKIT2 Clone
長いです。現代はシリアルポート付いてません。
PIC 使い始めた理由は自作できるからだったのですが、今は買うしか。
当時はAVRと背比べしてたのですが、あちらは「Arduino」とかに方向性が変わった様で、2.54mm のピン間で行きたければ、PICシリーズしかないかと。
H8とか秋月で売っていますが、どうなんでしょう。MCUのパワーとか結構違うんでしょうか。そっちの完成品かうなら「Arduino」でいい気がします。多分応用とかのHPが多いかと。
そんな感じです。

PICKIT

Posted by saba