フォトカプラ

フォトカプラの計算で参っている今日この頃ですが、秋月にもいくつか有ります。
シリアルラインに使うので早そうなのを探したのですが、ありません。「TLP513」を地元で買いましたが、@¥299-
汎用と言うのかな。普通のは「PS2501」を持っています。CTR(Current Transfer Ratio) : 80%以上。普通に計算した所では、9600bps位しか速度が出ないので、Ifをガンガン流します。
80%とは、一次側で10mA流すと2時側は8mA流せるよ。です。hfe見たいな感じですが、光りなのでグラフ見てちゃんと計算しないと、電流がアナログ的なOnOff状態になっていしまいます。
50%になると相手には半分しか電流を渡すことができません。10mA -> 5mA。速度を上げたければCTRが重要です。130%で10mA->13mAと。50%を買ってしまうと2倍以上電流が必要です。
簡単な話なのでそうはいかないわけですが、少なくとも上のCTRはそういう関係性です。
で、超電流で有り得ない領域に達したので、秋月様の出番です。
IC出力というやつが基本的に早いわけです。受光側に電源が必要なやつです。
秋月には売ってません。近いのが売っていますがインバーターなど用とか説明ある通り電源電圧10V以上です。
あきらめて、汎用を探します。結局このフォトカプラがよさそうです。
さて、この3つ値段が全部同じです。後ろの型名がちょっと違います。1つは「VDE認証品CTR:130%」、「CTR : 130%」、「VDE認証品 CTR : 50%」です。
FOD817B300 >= フォトカプラ FOD817B >>>>>>>>>>>>>>>> FOD817300
こんな性能の感じです。気をつけましょう。
使い方がいまいち危ういので、もっと勉強しないといけませんが、38600bpsまでは動きました。オシロで確認したいです。一応データシート上にはその2倍位いけそうなことが書いてありますが、多分無理です。

雑学

Posted by saba